2018年11月06日

天賞堂 TS-1

 このサイトでは鉄道模型の世界の中でも、目立ちにくい存在と言える、
HOゲージのパワーパック製品を掘り下げてみたいと思う。

 記念すべき第一回は天賞堂の最新モデル TS-1 を考察。

ts1a1.jpg

 このシンプルパワーパック TS-1 は、それまでのシンプルパワーパック
TEP-1 を置き換える形で 2010年 2月に 25,000円で発売され、その後
2018年 6月に 27,000(税込 29,160)円に価格改定された。

 TS-1 は高級HOゲージ製品群で知られる天賞堂の製品であり、
ともすると品切れとなりやすい HOゲージ用パワーパック製品の中に
あって安定供給されていることからも、現在の日本型 HOゲージ用
パワーパックを代表するモデルと言えるだろう。

 まず全体として、3A の高出力を持ちながらコンパクトで薄型の
金属製ボディを持つ点に特徴がある。これは電源を ACアダプター
方式としたことも寄与していそうだ。

 そしてこの TS-1 を前モデル TEP-1 と比較すると以下のような
変化がある。

・モデル:TEP-1 -> TS-1
 出力:2.2A -> 3.0A
 税込価格:36,180円 -> 29,160円
 ケース材質:上プラスチック+下金属 -> 全金属製
 リセットスイッチ:背面 -> 底面
 DC出力:2系統 -> 1系統
 AC出力:2系統(10V/15V) -> なし
 ポイントマシン電源(DC):ENDO/KATO -> なし

 TS-1 となって出力が向上している点と、価格が下がったところ、
そしてケースが金属製となったことはプラス評価だ。

 DC 出力が1系統となったところは少し残念だが、2系統出力
(走行線入れ替え等に対応)はあまり使われない機能かも知れない。

 また AC 出力とポイントマシン接続が省略されているが、
ここはオプションとして4系統制御可能なポイントスイッチ
TP-1 が用意され、もう1つのオプションであるメーターボックス
TM-1 と併せて、デザイン的に統一感のあるシステムパワーパック
を構成できるようになっていて面白い。
 なお TP-1 の電源は TS-1 の ACアダプタ出力を分岐入力する。

-----公式情報-----
・概要
 直流2線式鉄道模型のほとんどに対応可能な、天賞堂の新しいコントローラーです。出力は余裕の3A、最大電圧を2段階で切り替え可能、LEDインジケーターで出力を表示するマイコンプログラム制御方式を採用。急な出力や誤動作を防ぐために、出力はゼロにしてから操作を行うようになっているなど、安全対策にも配慮。専用ACアダプター付属です。

・製品情報
 機能・・・2WAY OUTPUT 鉄道模型容量によりLOW・HIの出力電圧の切り替えができます。
 INDICATOR DISPLAY・・・ボリューム出力電圧とインジケーターのLEDと同期し、ディスプレイ用としても楽しめます。
 INITIAL SETTING SYSTEM・・・急な出力や誤動作を防ぐために、出力はゼロにしてから操作を行います。
 AUTO RESET SYSTEM・・・ショート時はマイコンプログラムにより自動的にリセットします。
 定格・・・入力AC:100V DC:24V 4A TS-1専用電源SWアダプター
 出力・・・DC LOWモード:0〜15V/3A/HIモード:0〜22V/3A ※起動時に本体背面スイッチにより設定
 保護回路・・・本体側:マイコンプログラム自動制御保護回路、サーキットプロテクター(リセットスイッチ)
 専用電源・・・自動保護回路
 サイズ・・・W140 D75 H58 (単位:mm)
-----以上HPより-----
posted by ホップ at 13:34| Comment(0) | 日記